FC2ブログ

人生交響曲

TRPG中心に好き勝手だべる主婦の徒然日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってしまった猫。

15年間、本当にありがとう。
 
  様子がおかしい、最初にそう気付いたのは娘でした。
病院に連れて行って、薬で様子を見て。
そこはうちの子になってからはじめて連れて行った病院でして。(引っ越し続きで病院もあちこち)
翌日に、胸に溜まった水を抜いてもらって。
食が細い子ではなかったのに、一切の食事を受け付けなくなって。
点滴で最後の望みを託して。

病院が休みの前日の夜。
病院でこのまま点滴を続けるか。
でもできれば家族と一緒にいた方が、この子の為にもいいでしょう。
時間をかけて病状を説明してくれた先生の言葉に。
一時帰宅させて。
一緒に寝て。
狭いかな?と少し離れても、ほとんど動けない身体でくっついてきて。


昨日の夕方、亡くなりました。


最後を、私と娘が看取る事ができました。
あっという間の出来事で。
本当に、最後頑張ってくれたんだなぁ、と。
私の腕の中で、本当に眠るようにだったけれども。
動かなくなるって、

こういう事なんだ。
そんな事を、頭の中でぼんやり考えていて。
よく頑張ったね。
そう声をかけてあげる事しかできなくて。

見たくなかった。
そう言って、泣いていた娘に。
そうじゃないよ、と。
人見知りするのに、寂しがってすぐに拗ねるから。
最後一緒にいてくれたから。
だから、帰ってくるのを待っててくれたんだよ、と。

思えば。
物心つく前から一緒にいた子供たちにとって。
その存在は、当たり前すぎて。
私達夫婦にとっても、大事な存在だったけれども。


うちの子になってくれて、ありがとう。
15年そばにいてくれて、ありがとう。
家族にとっても、私にとっても。
君は、大事な家族で。
私には、3人目の子供であり。
同時に、もう一人の相棒でした。

今は、悲しいです。
でも、やらないといけない事も多くて。
だから、後でゆっくり考えたいです。

丸くなって眠る姿も、すぐに拗ねて背中を見せる姿も、窓辺のひなたぼっこも、抱っこしろと鳴いて見上げる姿も、夕食の準備の忙しい所を一番出入りの多い場所で陣取っているのも、もう見れないけど。


大好きでした。
本当に、ありがとう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sonachi.blog36.fc2.com/tb.php/450-1d2633b8

 | HOME | 

プロフィール

そなち

Author:そなち
のんびりまったりめんどくさがり。
おもいつくままに書き散らかしてます。
はい。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。